MENU

総量規制と対象外の違いについて

カードローンの利用が初めての方は、「総量規制」という言葉を聞いたことがない方もいると思います。

 

総量規制は、法律によって融資できる合計額が「年収の3分の1まで」という仕組みがあることをいいます。

 

年収の3分の1まででは、必要としている金額に足りないこともありますが、そのようなときは、総量規制の対象外カードローンを選ぶことになります。

 

規制の対象となっているかどうかを確認し、より確実に融資してもらえる金融機関を選ぶようにしましょう。

 

総量規制の影響がある「貸金業者」とは?

 

まず、総量規制は、「貸金業法」という法律にある規制の1つですので、

 

 貸金業法が規制する業者

 

が何かを理解する必要があります。

 

貸金業法が規制している業者は、「貸金業者」と言いますが、具体的には、

 

 ・クレジットカード会社
 ・信販会社
 ・消費者金融会社

 

などを指します。

 

つまり、消費者金融などの「貸金業者」以外のカードローンなら、総量規制の対象にならないことが分かります。

 

「銀行」カードローンは総量規制の対象にならない

 

総量規制対象外を選びたいなら、銀行カードローンからサービスを選んでください。
銀行は、貸金業法が規制する貸金業者ではありませんし、銀行を規制する「銀行法」に総量規制はありません。

 

年収の3分の1を超える高額融資が必要なときは、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを選ばなければなりません。

 

専業主婦のカードローンについて

 

専業主婦には本人名義の収入がありませんので、基本的に消費者金融の利用ができなくなっています。
専業主婦に融資ができるのは、対象外の「銀行カードローン」だけですが、

 

 すべての銀行が専業主婦に融資しているわけではない!

 

という点に注意が必要です。

 

銀行カードローンの中には、年収いくら以上という条件があることも珍しくありませんので、利用が認められている

 

 ・三井住友銀行カードローン

 

などを選ぶようにしましょう。

 

>>専業主婦でも借りれるカードローン詳細はこちら

 

はじめての方でも安心!人気のキャッシング!

プロミス

30日間利息ゼロ!
最短30分審査・即日融資も可能!
Web契約で来店不要!

 

 

限度額50万円以下なら所得証明書不要!

実質年率 審査時間 融資スピード

4.5%〜17.8%

最短30分

最短1時間

限度額 無利息サービス アルバイト

500万円

あり

OK

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。