MENU

申込方法の種類について

カードローンの申込方法の種類には、店頭窓口や郵送、自動契約機の利用、ホームページからの申込みなどがあります。

 

どの申込方法でも同じと思われるかもしれませんが、それぞれメリット・デメリットがあるのも事実です。

 

申込方法の違いについて理解を深め、自分に合った申込方法を選ぶようにしましょう。

 

 

店頭窓口・郵送による申込み

 

店頭窓口や郵送による申込方法は、現在、ほとんど選ばれていない申込方法です。

 

お金を借りるために金融機関の窓口で、

 

 「お金を貸してください」

 

と言える方は少ないと思います。

 

面と向かってお金を借りることに抵抗を感じてしまいますので、よほどの事情がない限りは、選ばれない申込方法です。

 

郵送による申込については、時間がかかるのが問題です。
往復の郵送にかかる日数を要してしまいますので、申込みから融資までに2週間以上かかる場合があります。

 

自動契約機での申込み

 

自動契約機でのカードローンの申込みは、待機時間が長くなるのが問題になります。
カードローンの審査が30分〜1時間で終了するものもありますが、結果が分かるまでの間、狭い空間の中で待機していなければなりません。

 

また、約1時間も自動契約機で待機していると、「誰かがお金を借りているよ!」などと周囲に思われてしまいます。
比較的に早く融資が受けられる方法ですが、苦痛をともなう申込方法だといわれています。

 

 

金融機関のホームページからの申込み

 

 

最も多くの方に選ばれている申込方法は、インターネット申込みです。
金融機関のホームページにアクセスすれば、今すぐにでも申込手続きが始められます。
審査の結果が分かるまでの間は、自宅などで待機していればいいので、自動契約機のような苦痛を感じることもありません。

 

パソコンを持っていない方でも、携帯電話やスマートフォンが使えます。

 

プライバシー面での心配がなく、融資を受けるまでがスピーディーなのが、インターネット申込みの魅力ではないでしょうか。

 

>>WEB・スマホで完結できるカードローン詳細はこちら

 

はじめての方でも安心!人気のキャッシング!

プロミス

30日間利息ゼロ!
最短30分審査・最短即日融資可能!
Web契約で来店不要!

 

 

限度額50万円以下なら所得証明書不要!

実質年率 審査時間 融資スピード

4.5%〜17.8%

最短30分

最短1時間

限度額 無利息サービス アルバイト

500万円

あり

OK

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。