収入証明書類は、必ず提出が必要ですか?

MENU

収入証明書類は、必ず提出が必要ですか?

カードローンの申込みにあたり、「収入証明書類」の用意に不安を感じることがあります。
収入証明書類は、自分の年収を証明するための「公的な証明書」のことで、希望額が多いときに提出を求められるものです。

 

収入証明書類が必要になるケースを理解し、「収入証明書類なし」で申込むのもおすすめです。

 

収入証明書類とは?

 

収入証明書類は、自分の年収を証明するものですが、具体的には、

 

 ・源泉徴収票
 ・所得証明書
 ・確定申告書の写し
 ・納税証明書

 

などのことをいいます。

 

給与所得者であるサラリーマンやアルバイト、パート勤務の方は、「源泉徴収票」を用意するのが一般的です。
これに対し、個人事業主は、確定申告をしたときの「写し(控え)」があるはずですので、それを提出すれば良いことになります。

 

収入証明書類が必要になるとき!

 

銀行は、銀行ごとの基準で収入証明書類を提出させていますが、消費者金融は、

 

 貸金業法

 

という法律によって決められています。

 

消費者金融が収入証明書類を提出させるのは、

 

 ・希望額が50万円を超えているとき
 ・他の消費者金融との残高が100万円を超える貸し付けとなるとき

 

の2つの場合です。

 

ただし、審査項目に不審な点があるときなどは、希望額が少なくても収入証明書類を用意するように言われることがあります。
カードローンに申込むときは、自分の年収なども正直に伝え、不審だと思われないようにすることも重要です。

 

収入証明書類が用意できないなら?

 

収入証明書類が用意できないなら、銀行カードローンを選んでください。

 

>>収入証明書不要のカードローン詳細はこちら

 

 

 

 

はじめての方でも安心!人気のキャッシング!

プロミス

30日間利息ゼロ!
最短30分審査・最短即日融資可能!
Web契約で来店不要!

 

 

限度額50万円以下なら所得証明書不要!

実質年率 審査時間 融資スピード

4.5%〜17.8%

最短30分

最短1時間

限度額 無利息サービス アルバイト

1〜500万円

あり

OK

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。